ブログ

  • 運動直前のストレッチは危険ですよ

    多くの方がスポーツの直前にストレッチ運動や柔軟体操を当たり前の事として行っていると思います。でも残念ながら、その行動が怪我を引き起こしやすい事だと知っていますか?

    数年前からアメリカの医者やスポーツ学者が傷害予防の為に言い始めています。日本でも やっと、テレビでドクターがこのような話をしてきています。

    怪我をしない為の準備運動やストレッチなのに、なぜ良くないと言われているのでしょう。
    理由は、体の姿勢を支えている足元からの腱や筋膜が緩んでしまうことで、大きな力を出すことは勿論、様々な動きにも対応できない弛んだ体となり、転倒や関節痛、筋肉痛を引き起こす原因となっているからです。

    関節の可動範囲を拡げる為の運動や筋肉を硬直させない為のストレッチは悪いことではありませんが、体幹が緩みやすい為、ストレッチや柔軟体操を行う場合にはスポーツを始める30分から1時間以上前に行うことをお勧めします。

    そして、プレー前には、身体が緩みやすいストレッチ系の準備運動ではなく、瞬発系の動作や靭帯、筋肉、筋膜等の伸展や緊張が望まれます。
      お相撲さんの四股やつま先立ちの運動、スロースクワット等が効果的です。
    これにより、体軸や体幹が一定の張りを持った状況となり、潜在能力の引き出しは元より、多方向に反応できる安定した姿勢保持が可能となります。

    更に、体幹部の強さや運動機能を引き出す為には、常に体に張りを持ち、安定した体幹を築かなくてはなりません、その為には足裏からの靭帯を活性させる必要があります。
    当院でおすすめしているインソールは、怪我の予防は元より、常に体の体幹を作るために、緩んだ体をリセットしてくれる唯一の道具ではないかと思っています。

    是非一度、バランス力アップができるインソールの上に載ってみてください。

  • 「素足感覚」が綺麗な姿勢を作る

    「素足感覚」と言っても何が素足の感覚なのか、そこで何が起きているのか 知っている方は少ないと思われます。

    素足で床の上に立った時、床の硬さや温度、ご自身の足裏の骨で立っている感覚までも感じることが出来ます。
    人間は、この足裏の踵骨(ショウコツ)、拇趾球(ボシキュウ)、小趾球(ショウシキュウ)の三か所の骨で三点支持となり立つことで、片足でのバランス保持を可能としています。
    そして足裏から腱や靭帯が適度な張りを作ることで骨盤位置をコントロールして姿勢を保持しています。

    次に一般的な履き物を履いた時に、この感覚が残っているでしょうか?
    恐らく、世界中のフィット感のある履き物や足裏の当たりが柔らかい履き物を履いた時には、この「素足感覚」を感じることが出来なくなっていると思います。
    理由は、履き物の進化から足にやさしいフィット感のある構造や柔らかい素材による構造が多くなり、人間が二足歩行を出来るようになったこの足裏の骨による三点支持の機能が妨げられて、足裏の肉を土台とした立ち姿勢となってしまうからです。

    これでは、姿勢を保持する機能が発揮できなくなくなる事から、体のゆがみが大きくなるばかりか、姿勢を維持する為に、常に余計な筋力を使った姿勢保持となってしまい、慢性的な疲労や関節障害、スポーツ障害の引き金になってしまうことが目に見えています。

    人間には、「素足感覚」という素晴らしい機能があり、この三か所の骨を感じることやこの三か所の骨を土台にすることで、無意識に体を支えて、骨盤位置や向きをコントロールしています。骨盤の位置が正しい位置に整い、揺れの無い、力強く綺麗な姿勢を維持できることが理想です。

    是非とも、まだお試しでない皆様には、「素足感覚」の機能を蘇らせる当院がおすすめしているインソールをお試しください。
    そこで感じていただいた感覚が、本来の人間の体幹や体軸といった機能です。

  • あなたの身体は左右どちらを向いていますか

    どなたでも真っ直ぐ前を向いていると思っている身体ですが、多少は左右どちらかに向いています、それは、足部のアーチを築いている内外の靭帯が弱ると、足裏から骨盤の向きが誘導されて左右のどちらかに向いてしまうからです。

    自然に立っていると自身の身体の向きを正面に向ける為に、足の向きが変化した状態で立っているのが普通です。足の向きを真直ぐ前に向けて、左右の足を平行に揃えると、骨盤や上体が自分自身の足部に誘導されてどちらかを向いてしまいます。
    足の向きと腰や上体の向きの関係は、個々の足部の状況によって多少のずれがあり、上体を真っ直ぐ前に向けると足は違和感の少ない方向に向いてしまい、足が真っ直ぐ前を向くと、腰や上体はどちらかに向き変えるという事です。

    元々の遺伝による骨格がベースにあるのですが、長時間片側方向に回旋した姿勢で、仕事や 運動を行うと関節の可動範囲の変化と慢性的な回旋姿勢による靭帯や腱の回旋方向への定着から、常に偏った方向に向いた姿勢となる場合もあります。

    身体の回旋は、回りやすい方は良いのですが、回り辛いほうで、筋肉痛や関節痛などの障害が起こりやすく、日頃からその方向への回旋運動を柔軟にする為の意識が必要なのですが、 単純な腰や上体のストレッチではなく、足裏の靭帯からの回旋トレーニングが必要です。

    足裏の靭帯は体の姿勢保持筋と繋がっている関係から弱った足裏の靭帯を活性させることで、足首を安定させて、骨盤の位置や向きを正しい向きに誘導することが出来ます。
    いつまでも自分の力で歩き、綺麗な姿勢を維持させるには、足元からの姿勢管理が必要です。

    当院がおすすめするインソールは、使用しているだけでも足部の安定と足元からの姿勢づくりを助けてくれます。
    是非とも、楽しく生き生きとした生涯を送ってください。

  • 腕が思うように上がらない

    人間は元々が四足動物だった為に、骨格の変化は有ったものの、関節の動きは、今でも四足動物の動きがベースになっています。人間らしい所は、二足歩行で行動するようになり、物を持って歩くという行動が、手のひらを上に向けられるようになったことです。
    さて、腕が思うように上がらない、40肩・50肩で肩関節に痛みが走る、更には型の周りや肩甲骨まで痛みが起きている、こんなことはありませんか?

    多くの方が腕を上げる動きに勘違いがあり、誤った関節の動きによって腕を上げようとしています。肘や肩関節、肩甲骨の使い方さえ理解していれば、もっとスムーズに、痛みを感じない腕の上げ下げが可能になります。

    先ず、体の前で腕を上下に動かす場合、四足動物の前足をイメージしてください。体の前側での腕上げは、手のひらを下または前に向けた状態で、肘を伸ばす動きで手を上げたい方向に出していく事です。腕を伸ばした状態で上げようとすると肩甲骨に強く無理な負担がかかります。また、体の正面から少しでも外側に腕を開いた場合には、手のひらを上に向けた状態での腕上げとなります。これも腕を伸ばして行うと肩関節と肩甲骨に負担がかかる為に、肘を曲げた状態で手が体に近い位置で、肘を伸ばしながら腕上げを行うことでスムーズに腕が上がります。

    この手のひらの向きと肘の使い方次第で、楽々な肩の動きとなるか、重く痛みを感じる肩や 肩甲骨となってしまいます。
    肩関節は意外と狭い範囲でしか活動できません、その補助を行い大きな可動域を作っているのが肩甲骨です。肩甲骨は、背中の両側で上下左右、回旋、前後傾といった多方向への補助動作を行い肩関節の負担を軽減し大きな運動を起こす際の土台となっています。

    肩甲骨の動きを理想の状態で運動させるには、前後左右へのゆがみの少ない姿勢が望まれます。体にゆがみが出てくると腕の上げ下げに肩甲骨への負担が増大して、無理な上げ下げとなり、肩関節障害や筋肉痛を引き起こしてしまいます。

    上体の腕や肩の話ですが、結局、足元から体作りが出来ていないと健康な動きにはならないという事です。 全て足元の土台から問題が起こり、問題の改善も足元から行わなければできません。

    当院では皆様の健康な姿勢づくりを応援いたします。

  • 姿勢が悪くなる原因と改善

    一般的に、誰でも小さい時から姿勢が崩れているとは思っていません。「体力の衰えや病気などで、姿勢が悪くなってしまう」と考えている方が多いのではないでしょうか。

    でも、人間の骨格は、元々は親からの遺伝がベースにあり、生活習慣や環境により、筋肉の質や関節の可動範囲などに影響が現れています。

    健康な姿勢を築く為に、何もしないでいると、筋力の衰えや傷害などで体を支える力が弱くなり、足元からバランスが崩れてきます。そして、徐々に体にゆがみが現れてきます。

    勿論、筋力の衰えだけでなく、生活習慣や履物による姿勢の悪化も大きな原因の一つです。

    綺麗な姿勢とは鉛直に近い姿勢の事を言います。鉛直とは、物が地球の真ん中に引っ張られる力(引力)の方向の事を指しています。この方向の事を重力軸などとも言っています。

    人間は引力がある為に、自分の身体の重さを脚部で押し返すことで、二本足で立っていられます。様々な理由から自分の重さと押し返しの関係が崩れた時に、足元の土台から身体のゆがみが強く現れてきます。

    身体のゆがみや重さに負けずに、健康な姿勢を築くには、この足元(土台)に張りを持たせた状態で骨盤を安定した位置に整えることが重要です。

    更に、足裏から活性した押し返しが出来るようになると、無意識に、身体がより楽な姿勢を求める為に、上体が鉛直な姿勢により近づく反応が起こります。

    この足裏の活性とは、素足感覚を高めることにあります。でも、今更、素足での生活を始めても、遺伝によって作られた現代人の骨格は、簡単にはこの機能を高めることはできません。

    素足の時、床の硬さや傾き、足裏の踵、拇趾球、小趾球で押し返している感覚が常にあり、靴を履いた時にも感じられていることが、足裏の素足感覚の重要なフィーリングとなります。

    そこで必要となるのが、三点支持力を高めた当院がおすすしているB-TRインソールです。

    B-TRインソールは、どなたでも足部を活性させることができる機能を持たせています。

    足病や姿勢改善を目指している方は、是非とも、この理論と3点バランス力の世界を体感してください。

  • O脚の原因と改善

    一般的にO脚の改善は、整体院やエステでO脚矯正とか治療と称して行う、脚部を固定させた矯正や脚部の筋緊張による膝の内側への絞り込みによる改善などがあると思います。

    元々、遺伝により骨格が形成されたもので、特にO脚は脛骨下部の骨の曲がりによるものが大半である為に、O脚の解決は、手術でもしない限り真直ぐにすることはできません。
    更に良く勘違いされているのは、外股によるガニ股姿勢とか、脚部の伸展筋の緩みにより膝が斜め前方向に抜けた弛緩姿勢との勘違いです。

    また内股のO脚も外股のO脚と同様に足関節や膝関節に負担の多い脚部形状です。
    つま先の内向きや外向き、骨盤の前後傾の状況と脚部のO脚度合いの組み合わせにより、ストレスが掛かる部位や外見のスタイルに変化が現れます。

    単純に緩んだものであれば、筋緊張により伸展させて膝を開かないようにキープすれば解決します。外股によるO脚は骨盤の後傾と骨盤を後ろに戻すことで、ある程度解決します。
    しかし、注意しなければならない事は、脚部を真直ぐにさせようとする固定技術や施術は、根本的な解決ではない為に、何れ、膝関節への負担となって現れるものと思っています。

    ではどのようにストレートな脚部に見えるようにすれば良いのでしょう
    答えは、曲がった骨格を真直ぐにすることはできませんが、真直ぐに見える様にすることは できます。
    骨盤の前後位置や前後傾の角度を適正位置に整えて、歩行時に膝が体の真直ぐ前に移動できる骨盤位置に整えます。次に、歩行時の歩行スタンスを脚部のO脚度合いに合わせてスタンスを拡げることで、股関節から膝関節、足関節のラインを作ることができます。

    最後に大切になるのは歩き方です。歩行時に綺麗な脚部のラインと歩行姿勢を作る為には、 足部前側からの着地です。ベタ足でも良いのですが、できる限り前側から着地する事で、脚部の伸展筋や姿勢保持筋が使われて、脚部が伸ばされると共に姿勢が安定して、綺麗な歩行が完成します。

    踵からの着地や大股での歩行は、足部や脚部の障害を引き起こすばかりか、第二の心臓と言われている下肢の運動を妨げてしまうことから循環器の働きまで悪影響を及ぼしてしまいます。人間は素足の時には、足部の前側からの着地で歩いています。靴を履いていてもその歩行に近い状態で歩くことにより、人間らしい機能を十分に働かせることができます。

    当院がおすすめしているインソールは人間の素足感覚を高めると共に、緩んだ体に張りを持たせて、綺麗な歩行姿勢を築いてくれます。

  • X脚の原因と改善

    X脚とは、立っている時に両膝が近づいて、脚部が内側に湾曲しているように見える症状で、膝関節より足部が外側に開かれたスタンスとなっている場合を言います。
    大別すると、股関節幅より膝関節幅が狭い場合と股関節幅より両足の幅が外側に広い場合があります。

    先天的な骨格によるものが殆どと思われますが、後天的な原因としては、過度な肥満が あげられると思います。骨盤が大きくなり、大腿を離して歩くことから足部は更に外側に 位置するようになります、自重を支えている外側の腓骨に負担が掛り、脛骨をベースに体を 支えるようになります。東京タワーの下部の様に、脚部が広がった状況となります。

    一般的には、内股と勘違いされている事が多く、形状的には少し似ていますが、X脚は膝関節の大腿骨と脛骨の関係であり、内股や外股は股関節の大腿骨と骨盤の関係になります。
    ですから、X脚の内股もX脚の外股もどちらもあり、踵骨の内外への傾きにより、つま先の向きと膝の移動運動に変化が起きる為に、歩き方や姿勢に大きく特徴が現れます。

    勿論、左右の脚にX脚の形状が現れている場合が多いですが、片側だけのX脚も少なくありません。一概にX脚と言っても、内股や外股、内向き足や外向き足が組み合わさっています。
    X脚は、膝関節や足部・股関節などへの負担も多く、慢性的にかかる過重負荷などにより、関節障害や痛みの症状・部位に違いが現れます。

    これらの要因を突き止めて、下から順番に位置や方向を整える事が必要になります。
    X脚の改善は、足部と股関節から調整する事で、外見的な容姿や姿勢保持力が変わってきます。例えば、内股、外向き足のX脚の場合、反張膝となっている場合が多く、必要以上の脚部の反り返りからX脚となっている事が考えられます。

    この場合、骨盤位置を前に出す事、又は前傾した骨盤を少し後傾方向に起こすことで、骨盤位置の変化から大腿骨の方向や脚部を伸ばしたときの膝の位置が前に出る事からストレートな脚部に改善させることが期待できます。更に、意識としては足裏の内アーチが落ちている為、歩行時に小指側にも荷重する事が重要な歩行時の意識となります。
    また、外股、内向き足のX脚の場合には、足部の外返し運動を訓練するだけで、姿勢や歩き方に変化が現れます。

    最後に無理なく改善をするための歩き方は、O脚の改善と同様につま先側からの着地を意識して、両足の向きが平行にしっかりと前に向けて歩くことが、姿勢改善や歩行時に安定する歩行となります。当院がおすすめするインソールを活用して、足部の歩行スタンスを余り広く取らずに、膝関節がしっかりと前に向くように歩行を行う事で、徐々に足部内外のアーチの動きや張りが活性されて、骨盤の安定した位置の確保や歩行姿勢に変化が現れると思います。

  • 外反母趾と内反小趾の原因と改善

    日常、パンプスやヒール等を使用していることから、女性に多いと思われがちですが、実は意外と男性にも多いのが、外反母趾や内反小趾です。
    元々は遺伝によるものがベースとなっています。歩行時に重心が足のどの方向に抜けて移動しているのか、によって足指の外反や内反となって現れます。極論から言うと、はだしで暮らしても遺伝的な要素があれば、歩行姿勢に表れて外反または内反となるという事です。

    勿論、窮屈な靴やフィット感のある巻き込みの強い靴、足裏側からのサポートが強い靴など 使用していると、足部の腱と体幹が緩んでしまう為に、足指の外反や内反は更に強くなっていきます。更に、現状で出回っている改善に向けた商品は、開いたり、押さえたりと足指の形を修正しようとする物が大半ですが、全て、足部の弛緩に繋がるものばかりです。

    手術によって治した方も、同様にまた、同じような悩みが発生します。
    結局、足部の状況や姿勢づくりを行い、根本的な歩き方や靴に対しての考え方が変わらない限り、一生のストレスを抱える事になります。

    基本的な改善方法は、足指を伸ばす為の足裏や甲側の腱の張りを回復させる事です。
    足裏からの腱の張りを取り戻し、足指を前に向かって伸ばす腱の動きをつくるものでなければ外反母趾や内反小趾の改善にはならないと思っています。
    当院がおすすめしているインソールを使用し、足の運動、グー、チョキ、パーや足首の曲げ伸ばし運動などが有効です。

    また、理想の歩き方は足部の腱に張りを持たせて、足指にストレスや弛緩を起こさせない歩き方になります。自然な歩幅で前に向かって真っすぐに足を向けて、つま先側、又はベタ足での着地を心がけます。そうする事により足裏の腱に張りを持たせて、真直ぐに歩くと共に、足指まで使った踏み蹴る歩行に変わります。この際に、重心が前に出て行く意識と足の上に膝の裏を伸ばしながら乗ることで、足指の腱を真直ぐにする腱の運動にもなります。

    大股で、踵から歩く歩行は、重心移動時の膝や骨盤の弛緩が必要となり、結果的に、踵や膝関節に負担が生じ、腰痛や変形性膝関節症の原因になってしまいます。

    大切なのは素足感覚や足踏みです。当たり前の足踏みを行っているだけで、移動しているのは重心だけなのです。足を前に出すのではなく、足踏みの意識を高めていく事で、足病の改善は元より、各種の現代病の改善にも繋がります。

    最後に、スポーツメーカーやシューズメーカーのファッション感覚やコマーシャルに惑わされずに、自分の足が靴の中で自由に曲げ伸ばし運動が出来る靴を選んでください。
    一時のファッションよりも一生綺麗に歩き続けられる身体を持ち続ける方が理想ではないでしょうか。