よくある質問

  • Q. 整骨院・鍼灸院ではどのような症状を診てもらえますか?

    A. 肩こり・腰痛・膝痛・むち打ち・四十肩・五十肩・ぎっくり腰・坐骨神経痛の類の痛み、捻挫・打撲・骨折・脱臼・事故や転倒よるケガ・後遺症・ スポーツ障害・身体各部の痛み、関節痛・眼精疲労・痺れなどの治療が一般的です。 また、めまい・顔面神経痛・自律神経失調症による症状や小児に対する夜泣き/夜尿の治療も行っております。 どのような症状でも一度当院にご相談ください。適宜、専門医もご紹介させて頂きます。 わからない事がありましたらご連絡下さい。

  • Q. 保険は使えますか?

    A. 健康保険は取り扱っておりません。

  • Q. 施術費はどの位ですか?

    A. 施術内容によって変わりますので、詳しくは料金についてのページをご覧ください。

  • Q. クレジットカードは使えますか?

    A. visa・master・Americanexpressカードの対応しております。

  • Q. どんな服装で行けばよいですか?

    A. 当院では、ジャージ、ハーフパンツ、鍼灸治療用着替えを用意してあります。ご自分のスウェットやジャージなどをお持ちいただいて、着替えていただいてもかまいません。

  • Q. 予約は必要ですか?

    A. 基本的に予約優先とさせていただいております。予約なしですと、大変お待ち頂くことがありますので、ご来院の際は是非ご連絡下さい。

  • Q. 駐車場はありますか?

    A. 大変申し訳ありませんが、駐車場のご用意がありません。お近くのコインパーキングをご利用ください。(利用料返金いたします)

  • Q. 当日気をつけたほうがいいことはありますか?

    A. 個人差はありますが、急に血行が良くなる場合がありますので、施術直後30分くらいは飲酒、 入浴は避けてください。
    また、施術後~翌日にかけて身体のだるさ、眠気などの好転反応が出る場合があります。
    反応をうまく抑える方法は施術後にお教えいたします。

  • Q. 年齢制限はありますか?

    A. 年齢制限はありません。 当院は、利用者様に合わせた施術を提供いたします。

  • Q. 妊娠中は治療を受けられますか?

    A. 安定期(妊娠5か月~)であれば受けられます。身体に負担がかからないよう施術いたしますので、ご安心ください。

  • Q. 産後どのくらいから受けられますか?

    A. お身体の状態によりますが、出産に特に問題なければ、すぐに受けられます。

  • Q. 子供と一緒に行っても大丈夫ですか?

    A. キッズスペースがありますので、気兼ねなくお越しください。

  • Q. 症状はないのですが、通院してもいいのですか?

    A. マッサージ、はり、きゅうや関節矯正は予防医学でもあります。 症状がなくてもより健康な状態を手に入れるための定期的なケアを お勧めいたします。 また、スポーツ選手のコンディショニングなどの対応も可能です。

  • Q. X線、CT、MRIは撮れるのですか?

    A. 当院では撮影できませんので、X線、CT、MRIに関しては、必要に応じて近隣の病院を紹介させて頂いております。

  • Q. どんな人が来るのですか?

    A. お年寄りから乳幼児までの幅広い年齢層の方にご来院いただいております 。一番多いのはデスクワークをされている利用者様です。 働き盛りの年齢の利用者様は腰痛・肩こり・頭痛などでお悩みの方が多い ようです。 次に多いのは主婦の方です。特に子育て世代の若いお母さんが多いです。家事やお子さん育児など大変さが伝わってきます。 妊婦さんの腰痛も多いです。整体・鍼灸などの治療が大丈夫か不安かもしれませんが、安定期に入っていれば心配ありません。 当院は0歳~90才の方までいらしてます。 安心して施術を受けられます。 その他にはぎっくり腰、寝違えの首の痛み、偏頭痛・めまいなどの 自律神経症状、膝の痛み、股関節の痛み、テニスやゴルフでの肘の痛み、 肩の関節の痛みなどです。

  • Q. スポーツ障害をみてもらえますか?

    A. 出血していないケガは当院で施術できます。 また、なかなか治らない障害、普段は何ともないが運動中だけ痛みが出る場合、もうひとつすっきりしないなどの場合には効果が期待できます。

  • Q. 施術時間はどれくらいですか?

    A. 施術内容にもよりますが、初回は1時間程度、2回目以降は20~30分程度です

  • Q. 施術は痛くないですか?

    A. 電気治療やマッサージ、はりきゅう、関節矯正すべての治療において、 痛みを伴う治療は効果が出にくいと考えております。 患部の損傷がひどい時など特別な場合を除いて、ほとんどの方は無痛で 治療を受けられます。 当院では最も身体にやさしい治療法で丁寧に施術いたしますので、むしろ気持ちが良いと感じる方が多いようです。 定期的に来院される方の半分以上が女性である、という事も納得していただけるのではないかと思います。

  • Q. 施術に通う頻度はどれくらい?何回くらい通えば治りますか?

    A. 痛みの程度や身体の状態によって異なりますが、ギックリ腰など痛みの強い痛みの場合は、受傷後1週間くらいまでは毎日~1日おき、強い痛みがおさまりしだい、週1~2回で経過を見ます。 強い痛みでなければ、はじめから週1~2回で経過を見ます。 ある程度動けるようになったら、治療体操・ストレッチなどを行っていくと症状が早く改善します。

  • Q. 効果はどれぐらいもちますか?

    A. 炎症の程度、筋肉・関節の状態によって全く異なってきます。 また、当日受ける治療の内容や個人差もかなりあります。 すべてを総合的に判断して初診時に必ずお伝えします。 ただ、すべての患者様に言えることは治療を継続していくと、効果も長持ちしてきます。治療の効果を長持ちさせるコツもお教え致します。

  • Q. 関節矯正、骨格矯正(整体)はバキバキするのですか?

    A. 関節矯正、骨格矯正(整体)は痛みを伴わないソフトなケアです。子供でも年配者の方でも心地よく受けて頂いております。決して、バキバキさせるような骨格矯正術は行いませんので、安心してください。

  • Q. 鍼灸とは何ですか?

    A. 一般に『はり・きゅう』『はり・やいと』『しんきゅう』と呼ばれています。 鍼灸は細い金属の針を経穴(つぼ)に刺入、あるいは艾(もぐさ)を燃焼させて経穴(つぼ)に刺激を加え、鎮痛、調整効果により病気を治そうとする施術です。 中国に起源を持ち、世界で最も普及している伝統医療です。 鍼灸医学は日本には6世紀のはじめ、飛鳥時代に仏教の伝来についで渡来したと云われています。

  • Q. 鍼灸はどんな症状に効果がありますか?

    A. まず頚腕症候群、五十肩、リウマチ、坐骨神経痛、腱鞘炎などの運動器系疾患です。 次に頭痛、術後疼痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛などの疼痛疾患です。 なおWHO(世界保健機構)で、臨床経験に基づいた鍼の適応となる疾患には、次のものがあります。

    運動器系疾患: 腰痛、頚腕症候群、肩関節周囲炎、五十肩、テニス肘、各関節炎、慢性関節リウマチ 頚椎捻挫後遺症、疼痛
    神経系疾患: 脳卒中後遺症、偏頭痛、頭痛、顔面神経麻痺、各種神経痛、末梢神経疾患
    消化器系疾患: 胃腸、腸炎、胃下垂、胃酸過多、食道噴門麻痺、横隔膜麻痺、十二指腸潰瘍、便秘下痢、麻痺性イレウス
    耳鼻咽喉系疾患: メニエール病、鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎
    その他の疾患: 感冒、気管支炎、気管支喘息、夜尿症、小児喘息、急性結膜炎、中心性網膜炎、近視、白内障

    さらに近年NIH(アメリカ国立衛生研究所)が疼痛緩和に対して鍼治療が効果的であると発表しました。

  • Q. 鍼は痛くありませんか?

    A. 鍼は痛くないです。 鍼はその太さ・長さいろいろ種類がありますが、一般的には髪の毛ほどの太さですので、刺される時ほとんど痛みを感じることはありません。 また当院で使用する鍼は全て滅菌済みの新品の鍼です。 一回限りで使い捨てですから、鍼治療によるB型肝炎・C型肝炎・エイズ等の感染の心配はありません。

  • Q. ひどい腰痛のため起き上がるのも痛いのですが大丈夫ですか?

    A. 大丈夫です。治療できます。 当院では痛みが強い場合はお身体に負担のかからない体勢で治療を行いますのでご安心ください。

  • Q. 生活習慣の改善方法・日常生活などのアドバイスはありますか?

    A. 患者様ひとりひとり身体の状態は異なります。 当院では、患者様に合わせたアドバイスを致します。 この日々の養生の方法が一番大切なところと思われます。

  • Q. テレビや雑誌の腰痛体操などはやってよいのですか?

    A. あまりお勧めいたしません。 何故なら人の身体はそれぞれ、症状・状態が異なります。 例えば同じ「腰痛」だとしても、ある患者様には有効で、ある患者様にはマイナスということも少なくありません。 当院では患者様の状態、筋力に応じて適切な体操、ストレッチなどを紹介いたします。

  • Q. ダイエットには効果がありますか?

    A. 矯正、はりやマッサージを受けているだけで痩せるということは残念ながらありません。ただ、治療をして骨格が整い、呼吸率が拡大し代謝が活発になり、結果体重が減少することがあります。また、痛みがとれたことで運動量が増えたり、姿勢が良くなる、便通がよくなったりしてその結果、体重が減少することもよくあります。何事も継続が大切みたいです。

守口市で交通事故に遭われた方からのよくある質問です。

  • Q.施術内容は?

    A. むち打ち専門ケアを、一人ひとりの症状に合わせて施術を組み立てていきます。

  • Q.施術費は?

    A. 交通事故の場合、自賠責保険により施術費がまかなわれますので、窓口負担はありません(ゼロです)。

  • Q.どの程度の症状なら交通事故の保険が効くか?

    A. わずかでも痛みや違和感がありましたら、お早めの受診をお勧めします。 あとから痛みを訴えますと、当院としても、保険会社さんとしても、事故との因果関係を認めにくくなってしまいます。

  • Q.相手保険会社が病院を指定してきたら?

    A. 通院場所は患者さんが決められます。
    保険会社さんが何を言おうと自分の行きたいところへ行けます。 ただし、『病院』『施術所』『医院』『整形外科』『整骨院』『接骨院』に限られます。 『整体』『カイロ』は対象外です。当院は交通事故対応専門院ですので交通事故で起こった痛みの緩和・改善に自信があります。

  • Q.相手保険会社に今月で終了して下さいと言われたら?

    A. 痛いのは患者さん本人です。
    保険会社さんから突然やめさせられたり、中止させられることはありません。 しかし、施術が長期にわたると中止して示談しませんか、というお話は出るかもしれません。その時はご相談下さい。

  • Q.自分の保険会社からも保険が下りるの?

    A. はい、相手の保険会社さんからはもちろん、自分の保険会社さんからも保険がおります。

  • Q.事故後、数日経ってから痛みだしたが・・・。

    A. なるべく早くご来院下さい。
    事故後1週間程度なら大丈夫です。 事故後1ヶ月も経ったら事故との因果関係を肯定できません。

  • Q.加害者が任意保険に入ってない場合は?

    A. 強制保険には入っているはずです。
    この場合加害者さん、或いは被害者さんが直接手続きをする事になります。 それを『加害者請求』『被害者請求』と言います。詳しくはご相談下さい。

  • Q.会社を休んだ補償は?

    A. もちろん保障されますのでご安心を。ただし会社のほうで提出して頂く資料があります。

  • Q.主婦の休業補償も出るの?

    A. はい、主婦が家の仕事を出来なくなると、その分は主婦としての働きに応じて休業補償が出ます。 交通事故専門の行政書士さんも紹介できますのでご安心を。忘れられないように保険会社さんに申告しましょう。

  • Q.今の病院から転院できるの?

    A. はい、行きたい病院を決めるのは、あくまでも患者さんです。
    保険会社の担当者さんに接骨院へ移る旨をお電話で連絡して下さい。その際に、当院へ電話するようお伝え下さい。

  • Q.施術期間は?

    A. 交通事故はケースにより様々なので、一概には申し上げられませんが、 一番頻度の多い「むち打ち症(頸椎捻挫)」では一般に3~6 ヶ月です。

  • Q.仕事で夜間にしか通院することが出来ないのですが…。

    A. 受付終了時間は夜10時までとなりますので、夜10時までにご来院頂ければ大丈夫です。
    また、当院の受付時間内に来院できない場合も柔軟に対応いたしますので、是非ご連絡下さい。
    早く痛みを改善したい方は、まずはお電話ください。 「ホームページを見た」とお伝え頂ければスムーズにご対応させて頂きます。